精神科の精神療法とは別のものです

カウンセリングというのは、心理学的な技術に基づいて心を解き明かし心を軽く明るくするものですが、精神科(病院)の精神療法は、そうではありません。

治療全体の中に占める割合は、精神科の精神療法のほうが圧倒的に多いです。なので、これをカウンセリングと誤解してしまう人もけっこういるようです。そんなことを言っている私も最初は、病院にいけばどこでもカウンセリングが受けられるものだと勘違いしていました。

ちなみに精神療法とはどういうものかというと、お医者さんが患者の話しを簡単に聞いて、一方的に助言をして、あとは薬の副作用とかを説明してくれるというものです。本来は時間をじっくりかけて向き合わなければならない心の問題なのに、お医者さんは忙しいため3分間診療となってしまいます。病院は患者の数が多いのでしかたがないそうです。

どうしても病院でカウンセリングを受けたければ、心理療法士の資格をもった特別な人にお願いすればだいじょうぶです。1回30分から60分で10000円くらいです(1回で済めば)。