カウンセリングに対する悪いイメージ

カウンセリングという言葉自体は聞いたことがあるけれど、実際にカウンセリングを受けてみたという人の数はそれほど多いわけではありません。

1つの原因としては、カウンセリングに対する良くないイメージの影響があげられます。
体の病気やケガだったらすぐに病院へ行って治療を受けるという人でも、心を治療してもらうカウンセリングとなると、ちょっと抵抗があるのです。
でも、アメリカなど海外の先進国の例をみてみると、日本の人がカゼでお医者さんにかかるのと同じような気軽な感覚で、カウンセラーさんにみてもらっているという現実があります。
おかしな偏見もなく、日常生活の一部として、普通にカウンセリングが取り入れられているのです。
だからこそ、ストレスの多い現代社会においても、心を元気に保ち、前向きに生きようと考えられるのですね。

私も長い間、心の病気で苦しんできました。誰かに助けてもらいたかったけど、こんなこと人様に言うだけでも恥ずかしいと思い込まされてきました。
それが、1つのきっかけを通して、カウンセリングというものと出会い、いまこうして元気で楽しく過ごせています。
最初の一歩を踏み出す勇気だけ私が出せれば、あとはカウンセラーさんが引き上げてくれました。

私は、私以外にもたくさんの悩んでいる人がいることを知っています。
そして、私以上に深く悩んでいる人がいっぱいいることも。
知っているから、そんな人へ向けて、カウンセリングについてお伝えしたいと思っているんです。
私が体験してきたことが、だれかの役に立つのだったら、それが逆に私の元気にもなります。
人を元気にすることで自分も元気になれる、こんな素敵なこと他にありませんよね。
そんなお手伝いができたらいいなと思っています。

カウンセリングを受けてきた立場から、いろいろな実体験をお話していきますので、ちょっとでもあなたのお役に立てることがあればうれしいです。